医療施設

茨城西南医療センター

茨城県西南地区における三次救急医療拠点の役割を担う地域中核病院の増築・改築・改修による建替え工事です。
2000年に救命救急センター棟(E棟)の整備を行い、2012年には老朽化した中央診療棟の建替え、耐震改修工事が完了します。

本整備により、外来診療部門、放射線検査部門、検査部門、人工透析センター、小児・母子救急部門、地域がん診療連携病院指定等の医療機能が再整備されます。

設計においては、病院機能を維持しながらの建替え工事ローテーションが課題となりました。
又、地域に根ざした外来患者様への疾病治癒環境の向上、入院患者様の社会復帰意欲の向上を意図し、病室はホテルの客室をイメージしたホスピタリティの感じる内装計画を行っています。

名称茨城西南医療センター病院
用途病院
所在地茨城県猿島郡境町
施設の規模28,088㎡
階数地上5階建地下2階
構造RC造
竣工平成12年,24年

用途別一覧

  • 医療施設
  • 福祉施設
  • 庁舎・事務所
  • 教育・文化施設
  • スポーツ施設
  • 商業施設
  • 産業施設
  • 海外・その他
  • 過去の作品
Page top